気になる治験コーディネーターの収入とは?

治験コーディネーターの収入はキャリアとスキルで決まる

治験コーディネーターの収入はキャリアとスキルで決まる

近年需要と人気の高まる職業として耳にする事も増えた[治験コーディネーター]、[CRC]のお仕事。 就職先や転職先として視野に入れるかたにとって、やはり気になるのは“お給料”なのではないでしょうか?
公益社団法人 高知県薬剤師会

ここでは、[治験コーディネーター]の気になるお給料についてご案内いたします。

…とはいえ、実は各々の収入にかなり差があるの[治験コーディネーター]のお仕事です。ここで一概に 「[治験コーディネーター]の平均収入は、○○万円です!すごいですね!」 と言う風に紹介するのも難しいのです。では、その“収入の差”を生んでいるのは何なのでしょうか?

その収入の差を作っている物の正体は、ズバリ“スキル・キャリア”です。[治験コーディネーター]に限らず、キャリアがお給料に影響してくる業界は決して珍しくないのかもしれません。 しかし、そんな中でも[治験コーディネーター]は特にこれらをシビアに評価される職業なのです。

年収が250万円程度でがんばっている[治験コーディネーター]もいれば、 600万円以上の高収入で活躍している[治験コーディネーター]も存在しています。

一般的な給料は二十五万円/一ヶ月程度だと言われていますので、決して少ない方ではないでしょうが それでもこれは“平均”した金額である事を忘れてはいけません。 [治験コーディネーター]として活躍し、且つ収入アップを目指したいのであれば キャリアとスキルを向上させ自身の価値を高める事が鍵となってくるのではないでしょうか。
准看護師がキャリアアップをする3つの方法

とはいえ、「薬剤師や看護師から[治験コーディネーター]への転職」というものも増加しているという現実があります。確かに、薬剤対する知識を持ち合わせた方は[治験コーディネーター]としての活躍が期待できるでしょう。

とはいえ、いくら医療従事者であったとしても初心者である事に変わりはありません。 そんな場合、[治験コーディネーター]の認定試験をパスするなどしておく必要があるでしょう。 また、キャリアを積む事が出来る働き口を選んで経験を積む事も重要です。

看護師の仕事内容について

高齢化社会となり、医療や介護分野における人材の不足は大きな社会問題になっています。その中でも看護師は重要な人材であり、多くの医療機関や介護施設からの求人を見つけることができます。看護師の仕事に興味がある人のために看護師の仕事内容について説明します。

看護師の主な仕事は医師が行う診察や治療の補助を行なうことや、病気や怪我を負った患者のケアを行なうことです。具体的には血圧や体温、脈拍などのバイタル測定を行なったり、治療に必要な注射や点滴、採血の実施などを行ないます。

入院患者に対しては食事や排泄、入浴の介助、ベッドメーキングなどの身の回りのお世話などを行なう場合もあります。勤務時間の終わりにはカルテの記載と申し送りを行ないます。

これらの作業を行なうことで次の担当者に正確な情報を提供することができ、患者に継続した治療を提供することや、リスク管理を行なうことが可能になります。

手術設備があるような大きな病院においては、手術の補助を行なう看護師もいます。手術の準備や手術中の執刀医へ器具を渡すのが仕事であり、テレビドラマなどで見たことがあるという人も多いでしょう。

最近の医療においては、医療部分の発達のために診療科によって治療の専門化が進んでいます。これは医師だけでなく看護師にも共通しており、看護師にも専門的な知識や技術、経験が求められるようになってきているといえます。

看護師になることがゴールではなく、看護師になってから何を行ないたいのかを明確にしていくことがキャリアアップのためには重要です。

また、最近の医療はチーム医療が基本です。そのため、医師や薬剤師、介護士、理学療法士、作業療法士などの職種と協力して治療にあたることが重要です。

ですから、他の職種と上手にコミュニケーションがとれることが求められます。医療はチームで行なうものですが、看護師は患者と多く接する医療従事者です。患者への治療を円滑に行う為に非常に重要な仕事であることに間違いありません。

主婦から看護師になれる?

一般企業の社会人や結婚して主婦になった方で看護師になりたいと考えている人が増えてきています。資格を持って安定した仕事に就きたい、子育てが落ち着いたら長く勤めていくことができるなど看護師の仕事は主婦にとって魅力的な職業です。

しかし、今から看護師の資格が取れるのか、看護学校に通うと子育てがおろそかにならないだろうか、看護学校の学費を出すのが大変など不安や悩みを持つ人も多くいます。

看護学校へ3年間通って国家試験に合格しなければ看護師になることはできないので大変な道のりであることは間違いありません。

特に小さな子供がいると看護学校へ通うのは大変ですが、ご主人と協力し合って乗り越えれば将来的には安定した生活を送ることができるかもしれません。

では、主婦の方が看護師を目指すときどんな学校を選ぶべきなのか考えてみましょう。 まずは、正看護師を目指すのか准看護師を目指すのかを決めなければいけません。

もちろん正看護師を目指すのが一番いいのですが、家庭の事を考えて最短で看護師になるのであれば、准看護師を目指すという選択もあります。

正看護師は大学や専門学校に3年間は通わなければいけませんが、准看護師の場合は准看護学校へ2年間通うことで准看護師の資格を取ることができます。

しかし、正看護師と准看護師では給与の面で差があります。年間では約50万円ほどの差が出ることもあるようです。

また、大きな病院では准看護師の採用は少なく、ほとんどが正看護師というところもあります。しかし、子育てをしながらの看護学校通いは想像以上に大変なことなので、期間も短く学費も安い准看護師を目指す主婦は多くいます。

クリニックや診療所では准看護師を採用するところもあるのでまったく就職先がないわけではありません。看護学校の入試には社会人入試の枠を設けている学校があります。

入試内容は学科がなく、適性検査と面接のみというところが多いので通常の入試に比べてハードルが低くなっています。主婦や社会人の方はこの社会人入試を目指してみるのもいいかもしれません。

↑ PAGE TOP