気になる治験コーディネーターの収入とは?

治験コーディネーター > 治験コーディネーターの収入はキャリアとスキルで決まる

治験コーディネーターの収入はキャリアとスキルで決まる

近年需要と人気の高まる職業として耳にする事も増えた[治験コーディネーター]、[CRC]のお仕事。 就職先や転職先として視野に入れるかたにとって、やはり気になるのは“お給料”なのではないでしょうか?
公益社団法人 高知県薬剤師会

ここでは、[治験コーディネーター]の気になるお給料についてご案内いたします。

…とはいえ、実は各々の収入にかなり差があるの[治験コーディネーター]のお仕事です。ここで一概に 「[治験コーディネーター]の平均収入は、○○万円です!すごいですね!」 と言う風に紹介するのも難しいのです。では、その“収入の差”を生んでいるのは何なのでしょうか?

その収入の差を作っている物の正体は、ズバリ“スキル・キャリア”です。[治験コーディネーター]に限らず、キャリアがお給料に影響してくる業界は決して珍しくないのかもしれません。 しかし、そんな中でも[治験コーディネーター]は特にこれらをシビアに評価される職業なのです。

年収が250万円程度でがんばっている[治験コーディネーター]もいれば、 600万円以上の高収入で活躍している[治験コーディネーター]も存在しています。

一般的な給料は二十五万円/一ヶ月程度だと言われていますので、決して少ない方ではないでしょうが それでもこれは“平均”した金額である事を忘れてはいけません。 [治験コーディネーター]として活躍し、且つ収入アップを目指したいのであれば キャリアとスキルを向上させ自身の価値を高める事が鍵となってくるのではないでしょうか。
准看護師がキャリアアップをする3つの方法

とはいえ、「薬剤師や看護師から[治験コーディネーター]への転職」というものも増加しているという現実があります。確かに、薬剤対する知識を持ち合わせた方は[治験コーディネーター]としての活躍が期待できるでしょう。

とはいえ、いくら医療従事者であったとしても初心者である事に変わりはありません。 そんな場合、[治験コーディネーター]の認定試験をパスするなどしておく必要があるでしょう。 また、キャリアを積む事が出来る働き口を選んで経験を積む事も重要です。